【けたたましい狂気の笑い声】ワイプアウト|ザ・サーファリーズ

Artist(English)
スポンサーリンク

はじめに

 原題のWipe Outはサーフィン用語で、その意味は「波に乗ってる途中でずっこけること」らしい。

 ザ・サーファリーズ(The Surfaris)は1962年カリフォルニア州グレンドラで結成されたサーフロックバンド。

 1963年マイナーレーベルのプリンセスより「ワイプアウト」をリリース、同年メジャーのドットから再リリースし、7月に全米第2位と大ヒットした。B面のヴォーカルもの「サーファー・ジョー」も62位。

 次いでデッカ・レーベルよりリリースした「ポイント・パニック」が同年9月全米49位、そして66年再び「ワイプアウト」が全米16位とカムバック・チャートインした。

 他のインスト・グループと比べて歌入り曲も三分の一程度あり、ヴォーカル・グループとしても高く評価された。

スポンサーリンク

ザ・サーファリーズ(The Surfaris)とは

メンバー

 オリジナルメンバーは

ドラム     ロン・ウィルソン(Ron Wilson)
リード・ギター ジム・フラー(Jim Fuller)
リズムギター  ボブ・ベリーヒル(Bob Berryhill)
ベース     パット・コノリー(Pat Connolly)

の4人という編成であった。

結成経緯

 1962年の秋、南カリフォルニアの高校生だったジム・フラーとパット・コノリーはボブ・ベリーヒルの家での練習に呼ばれて、3人での練習を4時間行った。

 後日あった高校のダンスパーティで出会ったドラマーのロン・ウィルソンがここに加わることになった。

 こうして4人のバンドによってその冬に書かれ、録音された「ワイプアウト」が誕生した。

 サックスのジム・パッシュ(Jim Pash)がパル・スタジオでの録音の後で参加した結果、5人組のバンドとなった。

 1965年ケン・フォーシー(Ken Fossi)がパット・コノリーの後釜としてベースで参加した。

 この曲は特徴的な冒頭の部分で強烈な印象を与えている。

 けたたましい狂気の笑い声はベリーヒルの父親の声であり、シャウトに近い「ワイプアウト」の声はバンドのマネージャーDale Smallinのもので、続いてマイクの近くでベリーヒルの父親がサーフボードの模造品を破壊する音が入っている。

 この作品の作者はオリジナルメンバー4人(ベリーヒル、コノリー、フラー、ウィルソン)となっている。

 ロン・ウィルソンは1989年45歳で死亡した。

 映画「ダーティ・ダンシング」の挿入曲であるが、日本ではむしろ電撃ネットワークのパフォーマンス時にバックで流れている曲といった方がわかりやすいであろう。

 65年に日本公演をして、66年に解散したが時々再結成して演奏活動をしていたこともあったようだが、最近ではオリジナルメンバーが二手に分かれて別々に活動している。

 最後にそれぞれの最近の動画をアップしておく。

オリジナルシングル盤ジャケット


 

日本発売盤ジャケット

メンバー紹介

Jim Fuller

Ron Wilson

Bob Berryhill

Ken Fossi

スポンサーリンク

オリジナルヒット

The Surfaris(サーファリーズ)

Surfaris – Wipe Out
Wipe Out – The Surfaris

比較的最近の熟年になった彼等の演奏

 しかもいくつかのライブ映像を繋ぎ合わせている。

Surfaris Wipe Out video

1962年

1962 – The Surfaris – Wipe Out

 リチャード・デルヴィーというベルエアーズにいたドラマーが作ったバンド「チャレンジャーズ」が、ワイプアウトがヒットしたサーファリーズがアルバムを作る時に、自分達にアルバムを作る演奏力がないということで、「ワイプアウト」以外の曲について影武者としてアルバムを作った

 英国ロンドン地区ローカルTVの番組「READY STEADY GO !」のオープニングにこの曲が使われていた。

 この番組の放送開始当時の映像(1963年)のオープニングとビートルズ初出演の時の映像がアップされていた。まだブレイクする前の初々しいビートルズがインタビュー役のダスティ・スプリングフィールドに応えている貴重な映像である。

1963年「READY STEADY GO !」

Ready Steady Go

むしろ日本ではこちらで親しまれていたカバーThe Ventures(ベンチャーズ)

The Ventures – Wipe Out

1966年日本ライブ

The Ventures – Wipeout live in Japan 1966

アルバム収録バージョン

The Ventures – Wipe Out

カバーセレクション

 サーフィン音楽の代表曲だけにカバーは多い

The Beach Boys

The Beach Boys – Wipe Out (60's version)

Fat Boys

Wipe out Fat Boy's

Toy Doll’s

Toy Doll´s – Wipe Out

スポンサーリンク


The Queers

the queers – wipeout

Steve Vai

Steve Vai / Wipeout 2000

6歳のドラマーが熱演

WIPE OUT – LIVE with Drum Solo (6 year old Drummer)

TVドラマ「カレン」のテーマ曲

 The Surfarisの曲として日本で発売された人気テレビドラマ「カレン」のテーマ曲。

 ビーチボーイズの曲として本国では知られているのだが、いきさつは不明である。

日本発売盤ジャケット

The Surfaris – Karen

Karen

この曲から派生して生まれた曲

<h4>The Who / The OX</h4>
 この曲からインスパイアされて生まれた曲

The Ox (Stereo Version)

スポンサーリンク


2つのグループに分かれて活動

 なお現在もサーファリスは活動中ということだが、オリジナルメンバーが二手に分かれて存在するようである。

The Surfaris featuring Jim Fuller 

The Surfaris

The Surfaris featuring Bob Berryhill

Surfaris Wipe Out video
スポンサーリンク

コメント