【原曲は伊の曲】この胸のときめきを|ダスティ・スプリングフィールド

A--E
スポンサーリンク

はじめに

 この曲がラジオから流れるようになってダスティ・スプリングフィールド(Dusty Springfield)という名前を初めて知った。

 その頃はもうポップス小僧から脱皮して大学生だった。

 ドラマチックな構成と圧倒的な彼女の歌唱力にすぐに虜になった。

 彼女の歌っている動画はもちろん写真さえ簡単には見ることが出来ないという環境が普通であった時代。

 どうしてもラジオと一緒に歌いたい気持ちが強くなりノートに英語の歌詞を書き写したことを覚えている。

 今回このシリーズにダスティ・スプリングフィールド(Dusty Springfield)を登場させるに当り、数多い彼女の代表曲のうち自分なりにどうしても外せない3曲を選抜した。

 それは「この胸のときめきを」、「二人だけのデート」、「行かないで」で順次アップしていく。

 従ってその曲に固有の情報以外については3つに分散させて記載することにした。

スポンサーリンク

ダスティ・スプリングフィールド(Dusty Springfield)とこの曲の運命的な出会い

 1966年全英1位(全米4位)に輝いた大ヒット曲。

 ところがこの曲のオリジナルは別にあった。

 ダスティがサンレモに出場した時に聞いたこの曲にぞっこんとなり、一年間誰にも歌われないようにと祈りつつ、暖めておいたというのがこの曲。

 音楽祭に参加したダスティは、イタリア語がわからなかったにもかかわらず、この歌に涙を流すほど感動し、ソングライターの一人ピーノ・ドナッジョに是非レコーディングさせてほしいと申し出た。

 彼女はこの歌を英語で歌いたいと切望し、翌1966年5月レコーディングのチャンスが訪れたが、肝心の英語詞が出来ていなかった。

 プロデューサーでダスティの友人のヴィッキー・ウィッカム(Vicki Wickham)は、自分の友達でヤードバーズのマネージャーであるサイモン・ネイピアベル(Simon Napier-Bell)と力を合わせて英語詞を作ることにした。

 ところが二人とも作詞は素人なうえに、原詞のイタリア語もわからなかった。

 そこで結局原詞をあまり気にしないで洒落たラブソングを作ろうということになり、出来たのがこの曲の英語詞という。

 このように出来上がった曲は翌日録音され1966年5月31日発売、そして前述のような大ヒットとなった。

 イタリアのチャートで1位になったカンツォーネの歌詞では「毎晩独りで淋しい、でもあなたはもっと悲しいはず、僕を残して行かないで、あなたなしでは生きてゆけない、あなたは私のもの・・・」といった情熱的な恋の歌である。

 それを英語詞では少し複雑な愛の感情を持ったラブソングに変えている。

スポンサーリンク

● オリジナルはイタリアの曲だった ●

 イタリア語タイトル「Io Che Non Vivo Senza Te」の意味は「君無しでは生きられない僕なのさ」

Pino Donaggio(ピーノ・ドナッジョ)- Io Che Non Vivo Senza Te

Bobby Solo – Io Che Non Vivo Senza Te

1965 San Remo

♫ Pino Donaggio ♪ Io Che Non Vivo Senza Te (1965) ♫ Video & Audio Restaurati HD

 作詞・作曲はピーノ・ドナッジョ(Pino Donaggio)とヴィトー・パッラヴィッチーニ(Vito Pallavicini)が一緒に行い、チームメンバーのジョディ・ミラーも協力したという。

 ところがJASRACのデータベースには作詞はバッラヴィッチーニ、作曲はドナッジョとしか記載されていないので一般的にはそのように作詞作曲者名が扱われている。

 またイタリア語のオリジナルは1965年9月ベネチア映画祭で金獅子賞を受賞したヴィスコンティ監督の映画「熊座の淡き星影(Vaghe stelle dell’Orsa)」のサウンドトラックとして使われた。

世界に広めた功績はやはりダスティ

 ダスティがタイトルと同じ歌詞の♪You Don’t Have To Say You Love Me♪と歌い上げる箇所が大好きで、当時はラジオで流れると合わせてよく一緒に歌っていた。

 冒頭にも書いたが、もちろん当時は画像はいうまでもなく歌詞も簡単には入手出来ないのでラジオから聞き取れる範囲の英語もどきだが。

 ダスティは白人ソウルシンガーとして紹介されることが多いのだが、個人的にはこの曲のようにバラードをドラマチックに力強く歌い上げる歌の中に、繊細で優しく情感豊かに歌うところに実は真骨頂があると思っている。

 何と言ってもこの名曲を世界的に知らしめた功績はやはりダスティ・スプリングフィールド(Dusty Springfield)のものであろう。

 ダスティ自身もこの曲を「古き良き感傷主義」と呼んでいたそうだが、イタリアオペラの流れを汲むカンツォーネのメロディにぴったりの切々と訴える英語の歌詞をつけ、バックにオーケストラを従えるアレンジだから感傷過剰とも思えるところが逆にこの曲の魅力でもある。

当時は接することのなかったダスティの映像

日本発売盤ジャケット

ダスティ・スプリングフィールド(Dusty Springfield)

 耳に残るオリジナルに最も近い映像。当時はこんな動作で歌ってるとは知らなかった。

Re: Dusty Springfield-you don't have to say you love me

スポンサーリンク


当時のTV映像

Dusty Springfield You Don't Have To Say You Love

<歌詞>

When I said, I needed you
You said you would always stay
It wasn’t me who changed, but you
And now you’ve gone away

Don’t you see that now you’ve gone
And I’m left here on my own
And that I have to follow you
And beg you to come home

You don’t have to say you love me
Just be close at hand
You don’t have to stay forever
I will understand
Believe me, believe me
I can’t help but love you
But believe me, I’ll never tie you down

Left alone with just a memory
Life seems dead and so unreal
All that’s left is loneliness
There’s nothing left to feel

You don’t have to say you love me
Just be close at hand
You don’t have to stay forever
I will understand
Believe me, believe me

You don’t have to say you love me
Just be close at hand
You don’t have to stay forever
I will understand
Believe me, believe me
Believe me

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
【30日で弾ける初心者向けピアノレッスン 3弾セット】
【楽器つき初心者向けウクレレ講座】
オンラインレッスンに特化して10年!経験と実績で選ばれ続けるギター教室です!

スポンサーリンク

コメント