スポンサーリンク

ユール・ネバー・ネバー・ノウ(You’ll Never Never Know)~The Platters

Artist(English)
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 ポップスの魅力に目覚めポップス小僧になったのは1958年頃からで、もうプラターズの名前は日本でも広く知られていた。プラターズの黄金期は1961年にトニーが脱退するまでとするのが一般的であろう。ここでは「オンリー・ユー」「グレート・プリテンダー」「トワイライト・タイム」「煙が目にしみる」「ユー・ネバー・ノウ」の5曲のみを取り上げる。プラターズに関する内容はこの5つに分散させて記述するのでプラターズについて知りたい方は5つまとめて読むことをお薦めする。

オンリー・ユー(OnlyYou(And You Alone))~The Platters
この曲は前のレコード会社で録音済みだったが発売されなかったものを再録音したもの。それがプラターズのデビュー曲にして不朽の名作となった。マネージャーのバック・ラムによる大幅な編成替えにより異色の女性メンバーゾラを加えた黄金期の5人編成が完成してからの快進撃であった。
グレート・プリテンダー(The Great Pretender)~The Platters
デビュー曲で出世作となった「オンリー・ユー」に続くこの曲の大ヒットでミリオン・セラーを記録し人気を決定付けた。カバーで有名なのはクイーンのフレディ・マーキュリー、1987年にリバイバル・ヒットさせイギリスのシングルチャートで4位を獲得した。
トワイライト・タイム(Twilight Time)~The Three Suns,The Platters
この曲は46年にバック・ラム、スリー・サンズの3人のメンバーと計4人が作曲した。後にバック・ラムが詩をつけ、これをプラターズが歌い58年3月全米1位の大ヒットとなった。プラターズにとって56年の「マイ・プレイヤー」以降ビッグ・ヒットがなく、この曲が起死回生の1曲となった。
煙が目にしみる(Smoke Gets In Your Eyes)~The Platters
オリジナルは33年のミュージカル「ロバータ(Roberta)」に使われたのが最初。元々は行進曲風の曲であったようだが、ゆったりとしたテンポのバラードに変えたものが使われるようになった。この曲を世界的に有名にさせたのは58年にプラターズがリバイバルヒットさせたお陰である。

 1956年8月全米11位の曲。惜しくもベストテンを逃した。日本で60年前後でもよくラジオから流れていたので、よく覚えている。リードボーカルと低音ボーカルの掛け合いが印象的で、真似をしようとして口ずさんでいた。作詞Miles Jean、作曲Robi Paul

日本発売盤ジャケット

 使いまわしの写真を使ったジャケットでレコード会社の意欲が感じられない。邦題も「ユール・ネバー・ネバー・ノウ」と原題をそのままカタカナにしただけである。両A面カップリングになっている。



こちらのシングル盤B面ではタイトルが短縮されている。それとも別の曲なのか真相は不明。

今回調べようとしてもこの曲に関してはあまりネットに情報がアップされていない。
日本のTVではコーラスグループがこの曲のカバーを歌っていたように記憶していたが、それも見つけることが出来なかった。

この曲のように低音ボーカルとリードボーカルが掛け合うのを聞かせるものとしては、「ミスター・ベースマン」をすぐに思い浮かべるのだが、この曲の成功が大きく影響を与えたのではないだろうか。

全盛時代のザ・プラターズ

スポンサーリンク



全盛時代のメンバー

The Platters(プラターズ)オリジナルバージョン

The Platters – You'll Never Never Know

1960年の映画「ヨーロッパの夜」での出演シーン

You'll never know – The Platters

1956年の映画「女はそれを我慢できない」(日本公開57年)にも使われた

女はそれを我慢できない The Girl Can't Help It (1956)
女はそれを我慢できない!というはタイトルからは想像できませんが、50年代のセックス・シンボルといわれたジェーン・マンスフィールドが主演しているコメディで、ロックンロールの映画なのです! ハスキーな美人歌手のジュリー・ロンドンも本人の歌手役で出演しています。

★プラターズの主なヒット曲

スポンサーリンク

 1962年までにマーキュリーから33曲ものヒットを出している。そのうちの主なものだけ列挙する。
  55年 オンリー・ユー             全米5位
      グレート・プリテンダー        全米1位
  56年 マジック・タッチ             全米4位
      マイ・プレイヤー            全米1位
      ユール・ネバー・ネバー・ノウ    全米11位
  58年 トワイライト・タイム           全米1位
      煙が目にしみる             全米1位
  60年 港の灯                 全米8位
      夕陽に赤い帆             全米36位
  61年 アイル・ネバー・スマイル・アゲイン 全米25位
      イフ・アイ・ディドント・ケア      全米30位

★訴訟合戦と乱立プラターズ

 「煙が目にしみる」の末尾に書くように1959年の不祥事からグループの不和が表面化した。61年からは全盛時代のメンバーの脱退が相次ぎ、脱退したメンバーが新しくプラターズを名乗るグループを作って活動し、相互に名義の正当性を争う訴訟合戦となった。こうして一時は40を越えるプラターズが乱立する泥仕合の事態となった。最後まで生存していた創立メンバーのハーブ・リードも2012年に他界したが、今もなお訴訟で最終的な決着がついていないという。

★役に立たなかった名義保護策



 61年 トニーとゾラが脱退
 66年 ポールが脱退
 68年 ハーブが脱退独立
 マネージャーのバック・ラムはこんな事態を予見し、56年「The Five Platters Inc.」を創設し、メンバーに会社株を持たせプラターズを去った者は「Platters」の名称は使えない規約としていた。しかし68年ハーブ・リードが去り、競争グループ「新プラターズ」を結成した。この件は法廷に持ち込まれ、使用禁止命令の判決が出た。
 しかしその後もハーブ、ポール、バック・ラムによる商標権の争いは30年以上も続き、下級審ではハーブに有利な判決が出たこともあるが、最終的な決着がつかないままプラターズを名乗る複数のグループが活動を続けている。

上記のような三つ巴の泥試合について詳しいのは

http://www.ozsons.com/platters.htm

★全盛期メンバーの相次ぐ死

 1981年1月 デヴィッド
 1989年2月 ポール
 1991年1月 バック・ラム
 1992年2月 トニー
 2007年4月 ゾラ
 2012年6月 ハーブ

★ベースが主役のプラターズの曲で忘れてはならないのは?

The Platters – Sixteen Tons

The Platters by Herb Reed ''SIXTEEN TONS''

スポンサーリンク



<歌詞>

(You’ll never know)
You’ll never, never know I care
You’ll never know the torch I bear
You’ll never know it, for I won’t show it
Oh, no, you’ll never, never know

(You’ll never know)
You’ll never, never see me cry
Not even when you’re glancing by
For I won’t weaken, when we’re speaking
Oh, no, you’ll never, never know

You’ll know the used to me
That I was before
You’ll see the used to be
That one you did adore

(You’ll never know)
No, no I know I won’t reveal
The way I really truely feel
But if you guess it
I’ll confess it
Oh, darling now the time to plot
Or else you’ll never, never know

You’ll know the used to me
That I was before
You’ll see the used to be
That one you did adore

(You’ll never know)
No, no I know I won’t reveal
The way I really truely feel
But if you guess it
I’ll confess it
Oh, darling now the time to plot
Or else you’ll never
No, no you’ll never
Oh, no you’ll never, ever know
(You’ll never know)

スポンサーリンク

コメント