A--E

【「華麗なる賭け」主題歌】風のささやき|ジャズ・ボサノバ・日本&歌詞

<ジャズ>B.ルイス、Marchio Bossa、G.ベンソン、D.ガレスピー、オスカーピーターソン、Louis Van Dijk Trio、A.サンドヴァル、D.アッシュビー、F.パペッティ、Take 6、J.サイデル、R.グスタフソン<日本>竹内まりや、ザ・ピーナッツ<歌詞>英語、仏語
A--E

【「華麗なる賭け」主題歌】風のささやき|仏語ボーカル&インスト曲

F.ボッカラ、仏デュエット、C.フランソワ、P.カース、S.バルタン、ヴィッキー、J.ノーマン、A.ヴァッシーリ、<インスト>ビリー・ボーン、パーシー・フェース、ヘンリー・マンシーニ、ジェイムズ・ラスト、ポール・モーリア、レイ・コニフ、C.チアリ、Giancarlo Angioni、J.デビッドソン、スティング、A.モイット
A--E

【「華麗なる賭け」主題歌】風のささやき|ボーカル英語版セレクション

P.クラーク、B.ストレイサンド、J.フェリシアーノ、C.ヒューイット、T.アリーナ、N.ムスクーリ、サンドパイパーズ、V.レアンドロス、C.エビングソン、M.モンロー、J.マティス、N.ダイアモンド、レターメン、E.メンデス、Irini Kyriakidou、A.エンジェルス
スポンサーリンク
A--E

【「華麗なる賭け」主題歌】風のささやき| 名曲成立に貢献した三人

「シェルブールの雨傘」で有名なM.ルグラン作曲で68年アカデミー主題歌賞。映画で歌っているのは一発屋のノエル・ハリソンだが、一気に世界中に広めた功績はD.スプリングフィールドに尽きる。M.ルグラン自身歌い、様々なアーティストと競演したり、多くの作品を残している。
Artist(English)

フロム・ミー・トゥ・ユー(From Me To You)|The Beatles

ヘレン・シャピロのコンサート・ツアー一行を乗せた長距離バスの中で作られた。内容は愛の歌というよりファンに対する感謝の意味がある。ジョンのハーモニカをフィーチャーした初期ビートルズの典型的な作品。しかしステレオ・ミックスではハーモニカがカットされている。
A--E

アイゴートゥピーセス(I Go To Pieces)|ピーターとゴードン

元々はデル・シャノンがサーチャーズのために書いた曲。それをピーターとゴードンがピッタリのアレンジで「愛なき世界」と並ぶ代表曲にした。ピーターの弾く12弦ギターやピアノ・ホーンとゴージャスなサウンドが心地良い。エヴァリー・ブラザーズの影響を受けたコーラスも実に見事。
A--E

ラバー・ボール(Rubber Ball)~Bobby Vee 

日本では翌62年にヒット。43年米国生まれのボビー・ヴィーは59年から70年にわたり計38曲をチャートイン、うち10曲はトップ20。ソロ第2弾クローバーズのカバーが全米6位となりスターの仲間入り。続くこの「Rubber Ball」のヒットで国際的スターの地位を得る。
Artist(English)

【NHK-FMのテーマ曲】星を求めて|ビリー・ヴォーン楽団

60年の英国映画「殺人鬼登場」の主題曲であり、イギリス人歌手のゲイリー・ミルズが歌い全英7位、全米26位を記録したのがオリジナル。同年60年にカバー曲として米国のビリー・ヴォーンがリリースし、これが日本では定番となっている。トニー・ハッチ作。
A--E

初恋の並木路(Things)|【シナトラ後継者と称された】ボビー・ダーリン

原題は「Things」でシンガー・ソングライターであるボビー・ダーリンの作品。彼は幼少の頃に心臓病で15歳までの寿命と宣告されたが音楽と出会ったことを生きる力とした。スタンダードにスイングを持ち込んで、フランク・シナトラ後継者と称され、73年37歳の時に心臓病で亡くなるまで14年のキャリアでTop40入りのヒットが22曲、うち10曲がTop10入り。
Artist(English)

【日本だけのヒット】悲しき少年兵|ジョニー・ディアフィールド

ジョニー・ディアフィールドは本国アメリカでのヒットが皆無。それが日本で61年に1位を獲得し、更に年間1位まで獲得した。日本での人気により来日してこの曲の日本語盤を吹き込んでいる。当時の人気番組「ザ・ヒットパレード」にも出演したらしい。
スポンサーリンク