スポンサーリンク
A--E

踊ろよベイビー(Do You Want To(wanna) Dance)~Bobby Freeman,The Beach Boys

この曲はオリジナルよりもむしろ何度も大物アーティストがカバーしてヒットしたことで知られる。初期のビートルズがアルバムに収録していた他に、主なものに62年クリフ・リチャード、65年ビーチ・ボーイズ、73年のベット・ミドラーなどが有名。
A--E

花咲く街角(Hats Off to Larry)後編~Del Shannon

曲の内容は「悲しき街角」が失恋ソングであったのを受けて、自分のもとを去った彼女が相手の男(Larry)に振られたのを知って、「泣け泣け」と喜んでいるというもの。前編坂本九の日本語カバーとは泣いてるのが男女逆になってる。
Artist(English)

花咲く街角(Hats Off to Larry)前編~Kyu Sakamoto

街角男デル・シャノンが「悲しき街角」の大ヒットの余勢で類似のノリノリな曲「花咲く街角」を出し、日本でも坂本九に代表される若き歌手が登場してラジオ・TVで活躍した。米国のヒット曲がすぐに日本語歌詞をつけられてお茶の間で楽しめた時代の幕開けであった。
Artist(English)

孤独の太陽(In My Room)~Verdelle Smith,The Walker Brothers

重厚なパイプオルガンの序奏からスコット・ウォーカーの憂いを帯びた声で始まるイントロが強烈な印象で何故か日本だけで66~67年にかけて大ヒットした。しかし実は彼らの66年11月発売に先立ち66年1月に黒人女性歌手Verdelle Smithがデビュー・シングルとしてこの曲を発売したのがオリジナルであった。
A--E(T)

コンドルは飛んでいく(El Condor Pasa(If I Could))~Simon & Garfunkel,Los Incas

元々がアンデスのフォルクローレの代表曲を1913年にペルー人作曲家によりオペレッタの序曲として発表された。この曲は3部構成となっているが、サイモンとガーファンクルがカバーしたのはこのうちの第1部の部分だけである。原題は「El Condor Pasa」全米18位
Artist(English)

やさしく歌って(Killing Me Softly with His Song)~Roberta Flack,Lori Lieberman

ロバータ・フラックは72年に「愛は面影の中に 」が全米1位の大ヒットを記録し、グラミー賞最優秀レコード賞を受賞し、続けて73年にはこの曲によりグラミー賞最優秀レコード賞を含む3部門で受賞した。オリジナルは72年8月女性シンガーのロリ・リーバーマン。
Artist(English)

天使のハンマー(If I Had a Hammer)~Pete Seeger,PPM

49年にウィーバーズのメンバーだったピート・シーガーとリー・ヘイズの共作で生まれ、その時は「ハンマー・ソング」PPMは62年10月に彼らにとって初めてのトップ10を記録。その翌年の63年にはキング牧師の有名な演説が行われた「ワシントン大行進」で歌われた。
Artist(English)

黒くぬれ(Paint It, Black)~The Rolling Stones

ローリング・ストーンズの66年のシングル。ジャガー/リチャーズの作品で全英・全米共に1位を獲得している。この曲でシタールをローリング・ストーンズが初めて本格的に導入した。結成当時のリーダー、ブライアン・ジョーンズがエド・サリバン・ショーの映像で座って弾いている。
A--E(T)

悲しみのアンジー(Angie)~The Rolling Stones

ローリング・ストーンズ-にしては珍しいアコースティック・ギターをフィーチャーしてしっとりと聞かせるスローバラードの名曲。全英5位、バンドにとって7作目の全米1位の大ヒット。PVが制作されたが、ヴォーカルのテイクが異なる2種類のフィルムが存在する。
Artist(English)

テル・ミー(Tell Me(You’re Coming Back))~The Rolling Stones

同名のアルバムから64年6月にシングルカットという形でリリースされた。このアルバムの中の唯一のオリジナル曲であったが、65年頃のライブで数回演奏されて、その後のライブにおいて一回も演奏されたことが無いという妙な記録を持つ。日本のGSでは定番曲。
スポンサーリンク